スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戴いちゃったのよ ちゃららんらん

月的歌劇さまからSSを戴きました
ブログあっぷOKをもらえましたので、あっぷあっぷします




「勝負が始まってると聞いたからやってきたぞ」
 凛々しい、どこか楽しげな表情を浮かべながら席に着いた少女。
 勝気な真紅の瞳で目の前に座っている男を見遣る。
「あら、正宗ちゃん、いらっしゃ~い☆」
 中性的な美貌を持つ男は、見た目とは不釣合いな明るい女言葉で迎えた。
「勝負の再来と行こうか。……黄砂羅、勝負だ」
「今度こそリベンジしてみせるっ」
 実はこの2人、以前も勝負をしている。その時の結果は正宗と呼ばれた少女が勝利した。
 先手でダイスを振ったのは正宗。その出目に顔を引き締める黄砂羅と呼ばれた男。
 正宗の目より1つ高い目を出した黄砂羅は、ふと表情を緩める。
「ふふ……コレで前回の借りは返せたわね?」
「うぅ……負けた。ギリギリで。もう一勝負だ」
 正宗の真紅の瞳に闘志が燃え上がった。ギリギリであろうと負けは負けである。負けず嫌いな彼女は、再びダイスを振った。見事にその意気込みが高い目を呼び寄せる。
「OK。アタシの実力を見せてあげるわ」
 にやりと口元を歪めた黄砂羅の手からダイスが転がされた。その目は――またも正宗の目の1つ上。
「ウチの一番人気に実力は分かってもらえた?」
 黒髪の女が満足気に微笑む。以前の2人の勝負でも場の仕切りをしていた女だ。
 余談ではあるが、この女は強運の持ち主で、それ故に運の勝負をする場を任されている。つまり、黄砂羅を使う側なのだ。
「次は負けない。いくぞ」
 連敗して後がない、という追い詰められた状況で、正宗の眼光が鋭くなった。それは雷帝と呼ばれる裏の世界での顔と全く同じで。
「……っ」
 連勝して余裕を持っていた黄砂羅の瞳に、一瞬戸惑いの色がちらつく。見た事のない少女の顔に。
 運や実力だけではない、精神的な面にも勝敗は左右される。スポーツであろうと、『ゲーム』とされるものならば。
 勝利の女神というのは、より強く『勝利する』と揺るがぬ思いを持った者に微笑みかけるものだ。
 ――黄砂羅の手から放たれたダイスは最弱の目を出していた。
(へぇ……ただの負けず嫌いな女の子ってワケじゃなさそうねぇ……)
 黒髪の女は、面白いものを見つけたかのように、目を細める。
「あらあら……両者とも負けたら勝ちを取り戻して、1歩も引かない攻防になってるわねぇ……今回は正宗の勝利」
 楽しそうに勝者を宣言する女。
 その後、トータルすれば五分の勝率になると、再戦を持ちかける正宗。それを受ける黄砂羅。
 しかし、先程気圧されたのが尾を引いたままだったのか、勝利の女神は正宗から離れようとしなかった。
 ――そして
 今回開かれている勝負のルールとして、3勝する事が目的である。
 既に2勝した正宗は3勝目に王手をかけた。
「ふっ……この勝負勝ったな」
 余裕を取り戻した正宗が自信に満ちた顔でダイスを放る。
「そう簡単に、負けて堪りますかっ」
 普段は相当なフェミニストである黄砂羅だが、もう彼女を女性として見られなくなっているらしい。黄砂羅の表情も引き締まり、瞳にも戦場で見せるような冷たい光が宿った。

  さて、最後の勝敗の行方は――?




うひひ、いいでしょう~
勝負の行方は・・・ふっふっふ
なんか、正宗ちゃんカッコいいね!!
中の人が残念なせいで、正宗ちゃんが残念になってきてるけれど
本来の正宗ちゃんはカッコいい・・・ハズなのよ

月的歌劇さま、ありがとうございました
スポンサーサイト
黒ねこ時計 くろック E01
プロフィール

満夜

Author:満夜
英雄クロニクルサクセス鯖、トライアド黒組織の中の人の満夜です
リンク希望の方は、ゲーム内とかでこっそり教えてください
あ、私、面識ないけれどリンクしたいというありがたい方は、誰を通してでもいいので教えてくださるとこっちから突撃します!!

お客さま
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
お手紙こちら

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。