スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【SS】花嫁控え室

正宗ちゃんの結婚式のワンシーン
魔女の青汁さまの所のリラさまをお借りしました
これじゃない感半端ないですが・・・
・・・文書力上昇ってコスト500くらいかかるんですかね
どっかにないですかね・・・・

たたむよ!!





柔らかい風
もう少ししたら、堪らなく暑くなる日差しも今日は優しい
小鳥のさえずりさえも、祝福の歌に聞こえる

今日、私は狼厳と結婚式を挙げる
書類上はもう夫婦なんだが、いまいち実感がわかなかった
でも、こうして白いドレスに身を包んでいると

(あぁ、狼厳のお嫁さんになるんだな・・・)

何ともいえない感情が胸にこみ上げてくる

先ほどまでバタついていた花嫁控え室
ドレスの着付けの人や兄上とねぇさま
羽奈や沙耶に朔とラヴィ、今は別の用事があるとかで部屋を出て行った


結婚式の日に自分の子供がもう大きいなんて変な話だな
そう思いながら思わずクスクスっと笑いがもれる

コンコンとノックの音と共に聞き覚えのある声

「正宗さん、今お邪魔しても大丈夫かしら?」

「リ!!」

名前を呼びかけて、そのままドアに向かい開けようとしたが
(そうだ・・・動くなって言われていたんだったな・・・)

「リラ、すまない動けないんだ、遠慮はいらないから入ってくれ」

「動けないの?・・あ、そうね、お邪魔します」

事を察したように声をもらし、ドアノブをまわす音と共に
シンプルな形だが、藤色のワンピースを着たリラが部屋に入る

「正宗さん、おめでとう!・・・綺麗」

リラからほぉっとため息交じりの声

「そうか? 自分ではよくわからないんだが・・・あと、すごく動きにくい」

「綺麗な姿なのに、相変わらずなのね 正宗さんは」

「リラだって、すごく似合ってるぞ? シンプルな形は着こなしが難しいのに
 さすがだな、リラ」

私が自慢げに頷くのがおかしいとリラが噴出した

「ブーケも綺麗・・・あら? これ」

「リラは気がついたか?」

「えぇ・・・でも、これ」

ブーケには珍しいものが混じっている
上手く隠れてはいるが、詳しいものならばすぐにわかるだろう

「浄化、もうひとつは生まれ変わり・・・だな
 ねぇさまの仕業だ」

「月さんの?」

「私の仕事は裏の事だからな、狼厳にはいえない事もいっぱいしていてな
 それを気にしていたのが、ねぇさまにはバレていたんだろう
 発注したのと、少し違っていたから調べたんだ」

「それで浄化に生まれ変わりなのね」

「ふふっ、リラには全部言わなくても通じるからありがたいな」

悲しげな瞳をしていたリラに視線をやり、言葉を続ける

「私は恵まれていると思わないか
 こうして、知らない間に気遣ってくれる人がいて
 そして、私も気持ちを察してくれる友人がいる」

「そして、正宗さんにメロメロな旦那様もいるわね」

先ほどの悲しげな瞳はどこにいったのか、からかう様な表情に変わっていた

「それに可愛いお子さんもいるわ
 これは爆弾を投げられるしかない幸せ者ね
 ・・・でも、今日はお米で勘弁してあげるわ」

悪戯っぽい笑顔と投げる気満々の様に腕を回しながら
リラは言う
その瞳にかすかに涙を浮かべ

「本当におめでとう・・・絶対幸せになってね
 何かあったら、私が狼厳さんを叱りにいくから」

「あぁ、ありがとう
 リラは本当にいい人だな
 私が男だったら、真っ先にプロポーズしに行くぞ!」

「早速、浮気ですか? 花嫁さん」

そんな、女の子同士の些細なやり取りが
花嫁控え室に響く

汝らに祝福があらん事を・・・
どこからか声が聞こえた気がした、そんなひと時
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

黒ねこ時計 くろック E01
プロフィール

満夜

Author:満夜
英雄クロニクルサクセス鯖、トライアド黒組織の中の人の満夜です
リンク希望の方は、ゲーム内とかでこっそり教えてください
あ、私、面識ないけれどリンクしたいというありがたい方は、誰を通してでもいいので教えてくださるとこっちから突撃します!!

お客さま
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
お手紙こちら

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。