スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

兄の憂鬱

月の主である、リベラル視点
キャラ崩壊!?
・・・いえ、違います・・・
正宗ちゃん(妹)の事になると
これがデフォルト装備なのです

たたむよ!!



最近、厨房によく立つようになった
菓子の作り方を月に教わっているかと思えば
次はどうやら「肉じゃが」と言うものを作っているらしい
料理などしなかったが
どういう風の吹き回しだ・・・・




「兄の憂鬱」




「正宗」

俺は難しい顔をして、鍋と睨めっこを続けている正宗に声をかけた

「あ、にぃさま・・・そうだ、丁度よかった」

正宗は取り皿に、鍋のモノを取り、俺の目の前に

「これ、味見してほしいんだ・・・まだ、ねぇさまみたいにできないけれど」

ねぇさま?
月が何か教えたのか
取り皿には「肉じゃが」
多少煮崩れしているが
絶望的と言うほどではなかった

「ふむ」
それを口に運ぶ
見た目は悪いが
味は文句なかった・・・実に意外だ
料理などしなくていい立場の正宗が
ここまで作れるとは、正直思っていなかった
とんでもないものになっていると覚悟していただけに
少し、拍子抜けした

「いい味になっているな、これどうしたんだ、正宗?」

俺の評価を聞いた正宗の表情が明るくなる

「ほんとか!? よかった
 あ、これは・・その・・・狼厳が好きだって楼華から聞いたんだ」

・・・?
狼厳・・・?
なぜ、そこでやつの名前が出てくる

「楼華にレシピ?って言うの貰ったんだが、それでもわからなくて
 ねぇさまに、教えて貰って・・・にぃさまが美味しいって言ってくれるなら
 あとは、見た目だな・・・」

楼華と言うのは・・・狼厳の所の・・・
正宗と狼厳・・・?
いや、待て
それ以前にどうして正宗が、狼厳の好きなものを
こんなに真剣に作ろうとしているんだ

まさか・・・

「正宗・・・いや、紗羅
 狼厳とは・・・」

俺の言葉に正宗は顔を赤らめ

「ねぇさまから、聞いてないのか?
 狼厳とは。。。その・・・」

俺の気のせいだと言ってくれ
俺の耳がおかしかったと言ってくれ
よりにもよって
なぜ、あの狼厳なんだ

あのタラシ・・・
俺の可愛い紗羅に・・・なんて言ってたぶらかした

俺は無言のまま厨房を出る

「月、しばらく仕事の代行を頼む」

「? どうかされました? 何か急用でも」

イズレーンに行ってくる
その俺の言葉に月は全力で止めた
正宗さまに泣かれますよ?

その言葉に免じて
今回は見逃してやる
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

わー登場させてくれて有難うなのです!
いつかうちのほうにも正式に正宗殿に
出場して頂きたいところであります(`・ω・´)

No title

らっしゃい!!
本編に登場してないのですが
こっちではあくまで裏側なので、出してみた
狼厳さまを勝手にお借りしました

正宗ちゃんもいつでもお使いくださいませですよ
黒ねこ時計 くろック E01
プロフィール

満夜

Author:満夜
英雄クロニクルサクセス鯖、トライアド黒組織の中の人の満夜です
リンク希望の方は、ゲーム内とかでこっそり教えてください
あ、私、面識ないけれどリンクしたいというありがたい方は、誰を通してでもいいので教えてくださるとこっちから突撃します!!

お客さま
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
お手紙こちら

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。